「 月別アーカイブ:2018年06月 」 一覧

no image

簿外債務を持っている企業の事業承継の方法

2018/06/29   -会社法

簿外債務は意図せず発生することがある 簿外債務とは、帳簿に載らず、その結果、貸借対照表には計上されていない債務のことをいいます。 「帳簿に載らないとか、そんな会社大丈夫かよ」と思う方も多いでしょうが、 ...

no image

【報告】先日の自民党青年局との意見交換会の写真が公表されました

2018/06/26   -弁護士と事業承継

http://youth.jimin.jp/news/137643.html 中段の一番右が私です。 弁護士 杉浦智彦

no image

自民党青年局との昼食会・意見交換会に参加しました

2018/06/22   -弁護士と事業承継

2018年6月22日、自民党青年局と意見交換会に行ってきました。 私は、「自民党カレー」を食べただけというところもありましたが(笑) 弁護士が取り組んでいる事業承継の話を中心に、国会議員の先生方と意見 ...

no image

平成29年度事業承継補助金2型の事前予告が行われました

2018/06/19   -補助金

中小企業庁のウェブページにおいて、平成29年度補正予算「事業承継補助金(事業再編・事業統合支援型、および、後継者承継支援型~経営者交代タイプ~(2次公募))」の事前予告が行われました。 http:// ...

「チェンジ・オブ・コントロール」とは?事業承継すると取引先の関係が終わるの?

2018/06/15   -弁護士と事業承継

Change of Control(チェンジ・オブ・コントロール)とは? 事業承継やM&Aのとき、よくこの「チェンジ・オブ・コントロール」の話が出てきます。 「コントロール」というのは、ざっく ...

no image

神奈川県中小企業団体中央会で意見交換をしてきました

2018/06/12   -弁護士と事業承継

私、弁護士杉浦智彦は、2018年6月12日、神奈川県中小企業団体中央会に行き、事業承継についての取り組みについての意見交換をしてまいりました。 神奈川県中小企業団体中央会は、神奈川県の事業組合が会員と ...

no image

倒産局面にある会社の事業の承継を受ける場合の方法

2018/06/08   -弁護士と事業承継

倒産局面の企業の買収ニーズはある 関連会社であったり、優先度の高い取引先の場合など、たとえ倒産局面であっても、買い取るべき「事業」があります。 その承継を受けることも、事業承継の一つの場面ではあります ...

節税は「目的」ではなく「手段」であることを意識しなければならない。

2018/06/05   -事業承継税制

事業承継税制は経営者が交代する場合だけ適用できる 事業承継税制を使うと、贈与税・相続税の猶予・免除が期待できます。 しかしながら、事業承継税制を使えるのは「経営者が交代する場合」だけなのです。 そのた ...

no image

株式を譲渡する代理権を与える委任状はいつまで効果があるか

2018/06/01   -弁護士と事業承継

認知症が進行しているような場合に先に委任状を取ることがある 事業承継の場面だと、株式をもっている人の認知症が進行しているような状況がよくあります。 その際、弁護士が、その人から株式譲渡の委任状を取得す ...

Copyright© 事業承継の法律.net , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.