弁護士と事業承継

第三者承継のときに売主側が弁護士をつけるべき理由とは

第三者への事業承継の際、買主側に弁護士がついていることは多いですが、売主側に弁護士がつくことは、そこまで多くはありません。   しかしながら、むしろ売主側のほうが弁護士をつけるべき場合が多い ...

コメントなし

契約書がない取引先の引き継ぎで注意すべきこと

契約書のない中小企業は、まだまだ多い 実は、取引先との間で契約書を交わしていない中小企業というのは、まだまだ多いです。 それは、信頼関係があるからとか、細かいところでもめたくないという理由なのかもしれ ...

コメントなし

弁護士が経営者に事業承継の「気付き」を与えることのできるタイミング

事業承継の専門家対応の基本は「気付き」を与えることだが・・・ 事業承継について専門家の対応としてまず求められているのが、経営者に、事業承継の必要性を感じてもらうことです。 これを「気付き」を与える作業 ...

コメントなし

賃貸借契約のチェンジオブコントロール条項は絶対に確認せよ

首都圏は不動産オーナーがとても強い 首都圏は、貸主であるオーナーの力がとても強いです。 そのため、借り主をコントロールしようと、「チェンジオブコントロール条項」が入っていることがとても多いです。 チェ ...

コメントなし

後継候補者から退社意思を示された場合の対応策

誰かを選べば、誰かは選ばれない 経営者が後継者になりそうな人を選ぶとき、逆に、良い後継候補者のほうから、退社意思を示されるということが、それなりにあります。 また、後継者が決まりつつあるときには、それ ...

コメントなし

「デューデリジェンスをお願いします」と言われても、いきなり機密情報を相手に渡すな!

デュー・デリジェンスとは Due Diligence(デュー・デリジェンス)とは、ある行為者の行為結果責任をその行為者が法的に負うべきか負うべきでないかを決定する際に、その行為者がその行為に先んじて払 ...

コメントなし

分散している株式を集める方法-2(金庫株)【会社を守る法律相談】

事業承継の一つの「キモ」は、その会社の株式をどれだけ集められるかというところにあります。今回は、①経営者・後継者自身のキャッシュがない場合の対応方法について解説します。 経営者・後継者自身のお金を使え ...

コメントなし

分散している株式を集める方法-1(株式購入)【会社を守る法律相談】

事業承継の一つの「キモ」は、その会社の株式をどれだけ集められるかというところにあります(難しい言葉で「持株比率の集中」といいます)。2代以上続いている会社で先代の株式が相続されているような場合は、思っ ...

コメントなし

顧問やコンサルタントが入っている場合の引き継ぎにおける注意点

最近は、名のしれたコンサルタントや顧問に入ってもらうという形の企業も多いように思います。 コンサルティング契約の契約書の条項で「本契約の地位は、第三者に譲渡することはできない」という、ざっくりとした規 ...

コメントなし

事業承継の売り手が売却前に注意すること

事業承継の売り手側が売却前に注意しなければならないのは、「(あるタイミングまで)いかにして周囲の人間にばれないようにするか」ということです。 やはり、事業を引き継ぐとき、経営者の体調不安などを連想させ ...

コメントなし

チェンジオブコントロール条項の見極め方

先日書いた記事が好評だったので続きを 先日執筆した記事が、割と検索上位に入ってきました。 「チェンジ・オブ・コントロール」とは?事業承継すると取引先の関係が終わるの? みなさま、興味がある分野のような ...

コメントなし

国税庁で「特定調停スキーム(廃業支援型)に基づき債権放棄が行われた場合の税務上の取扱いについて」が公表されました。

http://www.nta.go.jp/law/bunshokaito/hojin/1805xx/index.htm   中小企業を取り巻く事業環境は一部を除いて好転せず、事業規模に比べて ...

コメントなし

【報告】先日の自民党青年局との意見交換会の写真が公表されました

http://youth.jimin.jp/news/137643.html 中段の一番右が私です。 弁護士 杉浦智彦

コメントなし

自民党青年局との昼食会・意見交換会に参加しました

2018年6月22日、自民党青年局と意見交換会に行ってきました。 私は、「自民党カレー」を食べただけというところもありましたが(笑) 弁護士が取り組んでいる事業承継の話を中心に、国会議員の先生方と意見 ...

コメントなし

「チェンジ・オブ・コントロール」とは?事業承継すると取引先の関係が終わるの?

Change of Control(チェンジ・オブ・コントロール)とは? 事業承継やM&Aのとき、よくこの「チェンジ・オブ・コントロール」の話が出てきます。 「コントロール」というのは、ざっく ...

2 comments

神奈川県中小企業団体中央会で意見交換をしてきました

私、弁護士杉浦智彦は、2018年6月12日、神奈川県中小企業団体中央会に行き、事業承継についての取り組みについての意見交換をしてまいりました。 神奈川県中小企業団体中央会は、神奈川県の事業組合が会員と ...

1件のコメント

倒産局面にある会社の事業の承継を受ける場合の方法

倒産局面の企業の買収ニーズはある 関連会社であったり、優先度の高い取引先の場合など、たとえ倒産局面であっても、買い取るべき「事業」があります。 その承継を受けることも、事業承継の一つの場面ではあります ...

コメントなし

株式を譲渡する代理権を与える委任状はいつまで効果があるか

認知症が進行しているような場合に先に委任状を取ることがある 事業承継の場面だと、株式をもっている人の認知症が進行しているような状況がよくあります。 その際、弁護士が、その人から株式譲渡の委任状を取得す ...

コメントなし

相続人調査をしたが相続人が失踪していた場合の処理

最近相談を受けて調べたので、メモとして掲載しておきます 相続人を調査していると会ったことのない人が相続人に?? 弁護士として相続人の調査をするため戸籍を集めることが多いのですが、とくに子どもがいない方 ...

コメントなし

従業員に事業承継をするときに機密保持契約(NDA)を締結すべき?

機密保持契約(NDA)とはなにか 機密保持契約(Non Disclosure Agreement)とは、取引相手との間で、交渉中・契約中は会社の機密情報を流出させないようにするという合意のことです。 ...

コメントなし

平成29年度補正予算の事業承継補助金説明会に参加しました

平成30年5月9日、TKP市ヶ谷カンファレンスセンターで行われた事業承継補助金の説明会に行ってまいりました。 補助金の申請の注意点等を改めて確認しました。 募集期限が平成30年6月8日まで(必着)なの ...

コメントなし

退職者に勝手にノウハウを使わせないようにするには

事業承継は退職者によるノウハウ流出が起こりやすい   事業承継のタイミングは、退職者が増えるタイミングです。 新しい経営者と仲違いしてしまって、ノウハウが流出してしまうということも、あるには ...

コメントなし

事業承継でトラブルが発生しやすい原因1

事業承継はトラブルが起こりやすい原因が数多くあると言われています。 その一つの原因は、関係者の不満が溜まりやすい背景があるように思います。 先代のカリスマ性 先代経営者は、これまでの景気の荒波を乗り越 ...

コメントなし

後継者になる自信がない人へ

こんな方におすすめ 後継者になってほしいと言われたが自信のない人 黒字企業だが、継いで欲しい人に後継者となることを拒まれてしまった先代経営者   後継者としてうまくやっていける自信がない人は ...

コメントなし

事業承継で弁護士が力になれること

弁護士にできることは、大きくは次のようなことになります。 企業の不安の相談役としての立場 弁護士は、以下のような悩みの相談役になることができます。これまでの経験を踏まえ、実践的なアドバイスができます。 ...

コメントなし

Copyright© 事業承継の法律.net , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.