「弁護士と事業承継」 一覧

おすすめ記事一覧

no image

知らない相続人が出てくるなんてことは、案外ある

2019/01/18   -弁護士と事業承継

弁護士になってから思うのは、いわゆる「妾の子」が多いということです。 亡くなられた方は当然思い至るところがあるのですが、遺族はそんなこと知らないわけです。 特に遺言などを作っていないような場合、突然「 ...

no image

親族に株式を引き渡す前に、相続対象となる財産を整理しよう

2019/01/11   -弁護士と事業承継

売買で株式を渡すのでなければ、どうしても相続の話が関わってくる 「会社の株を、息子に譲った」ということは、よく訊く話です。 ただ、(贈与税のことを気にすることはあっても)「相続に関わるかもしれない」と ...

no image

株式譲渡契約書の枚数は少ないほうがいいか、多いほうがいいか

2018/11/20   -弁護士と事業承継

株式譲渡契約は、物の売買契約にほかなりません。 その点では、本来要求される売買契約の中身は、対象物と対価、あと引渡し時期を記載すればよいだけのはずです。   しかしながら、事業を引き継ぐ場合 ...

no image

第三者承継のときに売主側が弁護士をつけるべき理由とは

2018/11/13   -弁護士と事業承継

第三者への事業承継の際、買主側に弁護士がついていることは多いですが、売主側に弁護士がつくことは、そこまで多くはありません。   しかしながら、むしろ売主側のほうが弁護士をつけるべき場合が多い ...

no image

契約書がない取引先の引き継ぎで注意すべきこと

2018/11/06   -弁護士と事業承継

契約書のない中小企業は、まだまだ多い 実は、取引先との間で契約書を交わしていない中小企業というのは、まだまだ多いです。 それは、信頼関係があるからとか、細かいところでもめたくないという理由なのかもしれ ...

no image

弁護士が経営者に事業承継の「気付き」を与えることのできるタイミング

2018/10/30   -弁護士と事業承継

事業承継の専門家対応の基本は「気付き」を与えることだが・・・ 事業承継について専門家の対応としてまず求められているのが、経営者に、事業承継の必要性を感じてもらうことです。 これを「気付き」を与える作業 ...

賃貸借契約のチェンジオブコントロール条項は絶対に確認せよ

2018/10/23   -弁護士と事業承継

首都圏は不動産オーナーがとても強い 首都圏は、貸主であるオーナーの力がとても強いです。 そのため、借り主をコントロールしようと、「チェンジオブコントロール条項」が入っていることがとても多いです。 チェ ...

no image

後継候補者から退社意思を示された場合の対応策

2018/09/18   -弁護士と事業承継

誰かを選べば、誰かは選ばれない 経営者が後継者になりそうな人を選ぶとき、逆に、良い後継候補者のほうから、退社意思を示されるということが、それなりにあります。 また、後継者が決まりつつあるときには、それ ...

no image

「デューデリジェンスをお願いします」と言われても、いきなり機密情報を相手に渡すな!

2018/09/04   -弁護士と事業承継

デュー・デリジェンスとは Due Diligence(デュー・デリジェンス)とは、ある行為者の行為結果責任をその行為者が法的に負うべきか負うべきでないかを決定する際に、その行為者がその行為に先んじて払 ...

no image

分散している株式を集める方法-2(金庫株)【会社を守る法律相談】

2018/08/31   -弁護士と事業承継

事業承継の一つの「キモ」は、その会社の株式をどれだけ集められるかというところにあります。今回は、①経営者・後継者自身のキャッシュがない場合の対応方法について解説します。 経営者・後継者自身のお金を使え ...

no image

分散している株式を集める方法-1(株式購入)【会社を守る法律相談】

2018/08/28   -弁護士と事業承継

事業承継の一つの「キモ」は、その会社の株式をどれだけ集められるかというところにあります(難しい言葉で「持株比率の集中」といいます)。2代以上続いている会社で先代の株式が相続されているような場合は、思っ ...

no image

顧問やコンサルタントが入っている場合の引き継ぎにおける注意点

2018/08/24   -弁護士と事業承継

最近は、名のしれたコンサルタントや顧問に入ってもらうという形の企業も多いように思います。 コンサルティング契約の契約書の条項で「本契約の地位は、第三者に譲渡することはできない」という、ざっくりとした規 ...

no image

事業承継の売り手が売却前に注意すること

2018/08/17   -弁護士と事業承継

事業承継の売り手側が売却前に注意しなければならないのは、「(あるタイミングまで)いかにして周囲の人間にばれないようにするか」ということです。 やはり、事業を引き継ぐとき、経営者の体調不安などを連想させ ...

no image

チェンジオブコントロール条項の見極め方

2018/08/10   -弁護士と事業承継

先日書いた記事が好評だったので続きを 先日執筆した記事が、割と検索上位に入ってきました。 「チェンジ・オブ・コントロール」とは?事業承継すると取引先の関係が終わるの? みなさま、興味がある分野のような ...

no image

国税庁で「特定調停スキーム(廃業支援型)に基づき債権放棄が行われた場合の税務上の取扱いについて」が公表されました。

2018/07/03   -弁護士と事業承継

http://www.nta.go.jp/law/bunshokaito/hojin/1805xx/index.htm   中小企業を取り巻く事業環境は一部を除いて好転せず、事業規模に比べて ...

Copyright© 事業承継の法律.net , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.