種類株式

種類株式は事業承継に活用できます

先代経営者が経営をサポートするための種類株式

先代経営者は、いきなり全てを後継者に経営を委ねるわけではありません。

後継者を後ろから見守ることも必要です。

もし後継者が変な行動をしたらと思うと不安ですよね。そんなときには種類株式が使えるのです。

「争族」させないようにするための種類株式

後継者とそうではない相続人は、先代経営者が亡くなったときに、遺産争いが起こることがあります。

そのような遺産「争族」を避けさせるため、配当が多い株式を非後継者に、議決権がある株式を後継者に相続させることもできるのです。

 

種類株式にもデメリットが?

しかしながら、種類株式も万能ではありません。

種類株式には、「評価額」という極めて悩ましく、紛争に発展しかねない問題を抱えています。

弁護士の関与なく種類株式を活用しようとすることは大変危険です。

 

 

 

更新日:

Copyright© 事業承継の法律.net , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.