未分類

ベンチャー企業も活用する「株対価M&A」は事業承継に使えるのか?

更新日:

株対価M&Aとは

株対価M&Aというのは、買収の対価として現金などではなく、自社株を交付するM&Aです。

2010年にDeNAがngmocoの買収に用いられた手法です。

http://ke.kabupro.jp/tsp/20101012/140120101012030130.pdf

最近だと、武田薬品によるシャイアー買収の方法としても利用されています。

事業承継に使えるのか?

ただ、この方法を中小企業の事業承継に使うことは難しいように思います。

その理由は、先代の持っている経営権の種類が変わるだけで、先代の引退のためには、さらにその経営権譲渡の手続が入ってしまうからです。

どうしても、先代経営者の株式を現金に変える必要があるように思います。

杉浦智彦

-未分類

Copyright© 事業承継の法律.net , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.